LED-Camp

Learning Embedded software Development Camp

実習内容

概要

LED-Campは、組込みシステム開発の初学者や未経験者、組込みシステムに興味のある方を対象とした、合宿形式の教育実習プログラムです。
Raspberry Piとモータを用いた実習教材、その制御プログラム開発をシミュレータ、モデル駆動開発技術やアジャイル開発技術を用いて行い、開発手法の有用性を体験します。実習は初対面の参加者から構成されるグループで行います。LED-Campでは、このようなチーム開発で重要となるコミュニケーションの基礎についても学びます。

教育目標

LED-Campでは以下のような教育目標を掲げています。
教育目標は、LED-Campの実行委員が参加者の皆さんに伝えたいこと、学んでほしいことを掲げたものです。

① 組込みシステムの開発技術を習得する

a)  UMLを用いたモデル駆動開発
b)  アジャイル開発手法(スクラムフレームワーク)

大規模なソフトウェアを短期間で開発することが求められる今、モデル駆動開発、並びにアジャイル開発は注目を浴びています。これら開発技術を、実際に体験しながら学びましょう。

② チーム開発を円滑にするコミュニケーション技術を習得する

a) 目標に向けた合意形成
b) メンバーの考えを引き出す話し方・聴き方
c) チーム状況を適切に把握するフォローアップ
チームとは「同じ目標を達成するため」のものと考えています。そのため、チームメンバ全員が納得できる目標にするためには、チームメンバーに意見を伝える/意見を聴きだすことが欠かせません。さらに、開発中には実際にチームの状況が、目標に対して正しく進んでいるかを把握が重要です。
これらの場面ごとに必要となる適切なコミュニケーション技術を実際に体験しながら学びましょう。

実習スケジュール

開発教材

実習教材

Webots + LED-Tank 3Dモデル

制御対象には、ロボットシミュレータWebotsとLED-Campオリジナルのタンク型教材LED-Tankの3Dモデルを使用します。左右のキャタピラを制御することで、前後左右に動き回ります。また、距離センサやカラーセンサーが各所に搭載されており、周りの環境情報を取得して制御に反映することができます。

astah* professional

制御ソフトウェアの設計には、ソフトウェアのモデリングツールであるastah* professionalを使用します。astah*を使用することで、ソフトウェアの構造や振る舞いを、UMLモデルを用いてモデリングすることができます。モデル駆動開発(MDD)におけるUMLモデルからのソースコードの生成は、LED-Camp実行委員会で開発しているastah* professionalのMDDプラグインを使用します。
実習で使用するastah* professionalのライセンスは、(株)チェンジビジョンより提供されています。