LED-Camp

Learning Embedded software Development Camp

みんなでScrum!

「カリキュラム」に戻る

セッションの目的

本セッションは、アジャイルソフトウェア開発手法の一つであるScrumを用いた開発手法の習得を目的とします。Scrumフレームワークの基礎を解説し、小さな課題を例題として実習し、Scrumの習得をめざします。

習得が期待される知識・技術

項目1:スクラムフレームワークの全体構造を理解できる

座学を通じて、Scrumの主要な成果物やイベント、意義を理解し、全体的な流れを習得します。

項目2:チームでScrumを実施できる

チーム演習内で、自チームで自律的にScrumを実施するための知識を身につけます。

教育目標との対応

① 組込みシステムの開発技術を習得する
b)  アジャイル開発手法(スクラムフレームワーク)

② チーム開発を円滑にするコミュニケーション技術を習得する
a) 目標に向けた合意形成
b) メンバーの考えを引き出す話し方・聴き方
c) チーム状況を適切に把握するフォローアップ

実施内容と進め方

事前実習

参加確定後にオンラインベースで資料を配布します。当日までに実施頂くようお願いします。

合宿当日の演習

本セッションの始めに、アジャイルソフトウェア開発の基礎、Scrumフレームワークの基礎を講義します。
演習ではScrumの主要な要素を体験します。与えられた課題を解決するためにScrumのプロダクトバックログの作成、スプリントバックログの作成、カンバン、デイリースクラム、スプリントレビュー、スプリントレトロスペクティブ等を実践します。

他セッションとの関係

チームビルディングで形成したチーム毎に演習します。またチーム開発実習はScrumに則って実施します。

 

「カリキュラム」に戻る