LED-Camp

Learning Embedded software Development Camp

チーム開発実習

「カリキュラム」に戻る

セッションの目的

このセッションでは、これまでの学びの成果をもとに、与えられた課題にチームで取り組み、実践的な経験を積むことを目的とします。

習得が期待される知識・技術

項目1:アジャイル開発手法とモデル駆動開発によるソフトウェア開発を実践できるようになる

アジャイル開発演習およびモデル駆動開発演習で得られた学びを実践することで、それらの有効性と意義を理解できます。これによって、開発プロジェクトの開発対象や状況に応じて、アジャイル開発手法およびモデル駆動開発の適用を選択できる姿勢が身につきます。

項目2:チームでの開発を円滑に行えるようになる

チームビルディングでの学びに基づき、多人数によるチームでの開発を実践します。チームビルディングの意義を理解し、メンバに自分の責務を伝える能力、議論における論理的思考力、チームの意見をまとめ合意形成する能力を培います。これによって、円滑なチーム開発を実践できるようになります。

教育目標との対応

① 組込みシステムの先進的な開発技術の習得
a)  UMLを用いたモデル駆動開発
b)  アジャイル開発手法(スクラムフレームワーク)

② 「最高のチーム」のつくり方の習得
a) メンバーの考えを引き出す話し方・聞き方
b) 目標に向けた合意形成
c) チームが成長するふりかえり方

実施内容と進め方

事前実習

特にありません。

合宿当日の演習

参加者には、MDDセッションにおける演習の開発成果をベースとした新たな開発課題(競技会のルール)が与えられます。この課題をチームで協力して解決します。

他セッションとの関係

これまで実施した全てのセッションでの学びを基に、与えられた開発課題に取り組みます。

 

「カリキュラム」に戻る