第7回 組込みシステム技術に関する
サマーワークショップ

SWEST7: 7th Summer Workshop on Embedded System Technologies
http://www.ertl.jp/SWEST/

〜〜 COOLな組込みシステム開発 〜〜

遠鉄ホテルエンパイヤ(浜松市舘山寺町1891)
2005年 8月25日(木) 〜 26日(金)

主催: 組込みシステム技術に関するサマーワークショップ 実行委員会
共催: 情報処理学会 組込みシステム研究グループ
組込みシステム開発技術研究会(CEST)
NPO法人 組込みソフトウェア管理者・技術者育成研究会(SESSAME)
NPO法人 日本エンベデッドリナックスコンソーシアム(Emblix)
NPO法人 TOPPERSプロジェクト

後援:
社団法人 情報処理学会 システムLSI設計技術研究会
社団法人 電子情報通信学会
社団法人 日本システムハウス協会(JASA)
ソフトウェアテストシンポジウム実行委員会

協賛会社
CQ出版株式会社
イーソル株式会社
株式会社ヴィッツ
株式会社永和システムマネジメント
株式会社オージス総研
株式会社ガイア・システム・ソリューション
株式会社技術評論社
キャッツ株式会社
サンリツオートメイション株式会社
株式会社翔泳社
株式会社東陽テクニカ
日経バイト
日本テレロジック株式会社
富士設備工業株式会社
三菱電機マイコン機器ソフトウエア株式会社
横河ディジタルコンピュータ株式会社

【SWEST7開催】

第7回 組込みシステム技術に関するサマーワークショップ(SWEST7)を8月25 日(木)〜26日(金) の両日に、浜松湖畔の舘山寺温泉において開催します。

近年、組込みシステムの応用分野が拡大・発展している一方で、その開発技術 の進歩は遅く、組込みシステム開発の現場はますます困難な状況に直面してい ます。SWEST は、主として、組込みシステムに関連する研究を行っている大学 の研究者や学生と、企業の技術者を集め、組込みシステム技術の進むべき方向 性について議論することを目的としています。SWEST の理念や目的については 最後の【追記: SWESTとは?】をご覧ください。

**** サマースクール開校 ****

SWEST7では、SWESTの理念や目的の達成を加速するため、初めての試みとして 組込みシステム技術に関するサマースクール(SSEST1)を開校します。学生に よる学生のためのスクールで、SWEST7と同じ週、月曜から水曜まで同じ会場で 学ぶことができます。詳しい内容や参加申し込みについては下記のウェブサイ トをご参照ください。

http://www.ertl.jp/SSEST/

**** ベストポスター賞新設 ****

今回より、優秀なポスター発表に対してベストポスター賞を授与します。参加 者の投票を基本に、SWEST実行委員会が優秀として認めたいくつかの発表に対し て、表彰および奨励金の授与を行います。すでに20を超えるポスター発表を受付 ておりますので、参加者の皆様によって優秀なポスターを表彰しましょう。

今回のSWESTも、過去4年間に引き続き、情報処理学会 システムLSI設計技術研 究会(SLDM)主催の DAシンポジウムと同日開催します。DAシンポジウムは、 システムLSI設計技術に関する研究集会であり、ハードウェア設計技術者・研 究者とソフトウェア設計技術者・研究者の交流を図ることも、大きなテーマと なっています。DAシンポジウムの詳細は、下記のウェブサイトをご覧ください。

http://www.ipsj.or.jp/sig/sldm/

DAシンポジウムとの共同招待講演では、松下電器(株) 半導体社の木村 浩三氏 に「デジタル家電プラットフォーム UniPhier」関連のテーマで、 またUniversity of California Berkeleyの井上 隆秀先生に 「EDA in and beyond late CMOS era '2015年の設計を考える'」というテーマ でそれぞれご講演を頂きます。

また、サーベイヤ計画による模型ロケット hamana-2も昨年に引き続き、打ち上 げます。サーベイヤ計画は、組込みシステムとソフトウェアの開発技術力向上を 目指して、学習環境と教材(ソフトウェア、ハードウェア両方)を作り上げる プロジェクトです。hamana-2は、模型ロケットにGPSモジュールを搭載したもの で、打ち上げの軌跡を測定することができます。この測定用のシステムを、組込 みシステム開発技術に関する教材として活用するものです。Hamana-2は以下の URL にて紹介しています。

http://www.ertl.jp/SWEST/Surveyor/Hamana-2/

また、サーベイヤ計画については、以下のURLにも紹介されています。
http://www.kumikomi.net/hazre/article/report/06survey/01.html

SWEST7は、上で紹介した招待講演に加えて、5件のチュートリアル、プロジェ クトアップデート、分科会(自由討論会)、ポスター発表とその概要説明、製 品のデモンストレーションなどで構成されます。


[開催要綱]

日時 2005年8月25日(木) 13:00 〜 26日(金) 17:30
会場 遠鉄ホテル エンパイヤ
浜松市舘山寺町1891
TEL: 053-487-1111(予約センター)
http://www.entetsu.co.jp/kaihatu/empire/
参加費 SWEST にのみ参加される方は (A) の参加費になります。DAシンポジウム に初日(SWEST 開催の前日)から参加される方は、別途 DAシンポジウム に申し込んだ上で、(B) の参加費をお支払い下さい。参加費の支払方法は、 参加を申し込まれた後にご連絡します。
(A)宿泊・食事込みの参加費(宿泊は相部屋となります)
(SWESTにのみ参加する場合)
一般22,000円
共催・協賛・後援団体(*)会員 20,000円
学生 14,000円
(B)宿泊・食事なしの参加費
(DAシンポジウム参加後 SWESTに参加する場合)
(26日の昼食は含む)
一般12,000円
共催・協賛・後援団体(*)会員 10,000円
学生 4,000円
定員 160名程度

(*) CEST, SESSAME, Emblix, TOPPERSプロジェクトの各会員
情報処理学会, 電子情報通信学会, JASAの各会員
協賛会社の社員
参加費の支払方法は、参加を申し込まれた後にご連絡します。


[プログラム(予定)]

※SWEST参加者は、25日PMと26日のDAシンポジウムプログラムも聴講できます。
DAシンポジウムのプログラム詳細は下記を参照してください。
http://www.ipsj.or.jp/sig/sldm/

8/25(木) (12:00〜) 受付
13:00〜13:10 オープニングセッション
13:15〜14:35 SWEST/DAS共同招待講演1

「デジタル家電統合プラットフォームUniPhier におけるメディアプロセッサ」
木村 浩三、藤井 茂樹、西道 佳人、清原 督三(松下電器)

14:50〜16:10 SWEST/DAS共同招待講演2・セッションSA-1
セッションS1-2 「ポスター発表概要説明」
★1件あたり3分程度で、ポスター発表の概要を説明していただきます。
SWEST/DAS
共同招待講演2
「EDA in and beyond late CMOS era '2015年の設計を考える'」
井上 隆秀(University of California Berkeley)
16:30〜18:00 ポスター発表・デモンストレーション

ポスター発表(受付順)
  • 「特定用途向け命令セットプロセッサ開発システム ASIP Meister」
    野津 隆弘(1), 岩戸 宏文(1), 稗田 拓路(1), Huynh Long Kim(1)
    田中 浩明(1), 佐藤 淳(2), 塩見 彰睦(3), 北嶋 暁(4)
    坂主 圭史(1), 武内 良典(1), 今井 正治(1)
    (1) 大阪大学,(2) 鶴岡工専,(3) 静岡大学,(4) 大阪電気通信大学

  • 「OSEK COM 開発事例紹介」
    大西 秀一,森川 聡久,片岡 歩,服部 博行(ヴィッツ)

  • 「ロボットを用いた組込みシステム学習環境の開発とデバッグツールの開発」
    田中 裕樹,川上 亮太郎,早川 栄一(拓殖大学)

  • 「組み込み機器のスクリプト制御技術」
    田村 修(リカージョン)

  • 「UMLの性能別の変形手法の確立に向けて」
    佐々木 心也,片山 徹郎(宮崎大学)

  • 「三次元表現空間によるモジュール横断最適化コンパイラの実現ための一手法」
    三好 健文,杉野 暢彦(東京工業大学)

  • 「SMTプロセッサにおける統合的なリアルタイムスケジューリング機構」
    加藤 真平,小林 秀典, 山崎 信行(慶應義塾大学)

  • 「自律分散コンセプトに基づく高信頼組込み制御アーキテクチャと
                            車両制御システムへの適用検討」

    吉村 健太郎(1)
    櫻井 康平(2),守田 雄一郎(2)
     (1) Hitachi Automotive Systems Europe GmbH
     (2) 日立製作所

  • 「VAX11/780命令互換プロセッサ開発によるコンピュータシステム設計教育」
    近藤 信行,清水 尚彦(東海大学)

  • 「テストベンチ作成の容易化を目的とする協調検証用インタフェースの開発」
    近藤 信行,大山 将城,清水 尚彦(東海大学))

  • 「Responsive Multithreaded Processorの命令供給機構および
                       IPC制御機構の設計と実装」

    真垣 郁男,山崎 信行(慶應義塾大学)

  • 「Responsive Multithreaded Processorのスレッド制御機構」
    伊藤 務,山崎 信行(慶應義塾大学)

  • 「実時間OS RT-Frontierにおけるインプリサイス計算機構」
    小林 秀典,山崎 信行(慶應義塾大学)

  • 「組込みシステム設計教育としてのペイントツールハードウェアの開発」
    並木 滋,木下 修平,堀口 雅晴,清水 尚彦(東海大学)

  • 「UML Testing Profileによるモデル検証」
    位下 泰久,関本 康久,石田 雅人(日本テレロジック)

  • 「アカウンティングシステムによるCPU保護手法の提案」
    菅谷 みどり,中島 達夫(早稲田大学)

  • 「デバイス保護による高信頼実行環境の設計」
    茂田井 寛隆,菅谷 みどり,中島 達夫(早稲田大学)

  • 「Shi-Linux 実時間カーネル」
    戴 毛兵,石川 裕(東京大学)

  • 「システムレベル設計における通信インタフェースの検討」
    高木 佳章(1),本田 晋也(1),冨山 宏之(1),高田 広章(1),南出 英明(2),吉本 忠司(2)
    (1) 名古屋大学,(2) 三菱電機

  • 「組込みシステム技術に関するサマースクール(SSEST1)」
    第1回組込みシステム技術に関するサマースクール(SSEST1)実行委員会

  • 「Surveyor Project / Hamana-2」
    渡邉 友裕,杉山 歩,後藤 孝一,沼田 亜美,京井 真之(ヴィッツ)

  • 「Hamana-2用データロガーの開発」
    御村 武生, Khamphong Khongsomboon,萬束 高久,梅田 祐希,清水 尚彦 (東海大学)

デモンストレーション

  • 「状態遷移表CASEツール『ZIPC』のご紹介」
    キャッツ株式会社

  • 「CQ出版で発行した書籍の展示販売」
    CQ出版株式会社

  • 「組込み関連書籍の展示と販売」
    翔泳社

  • 「NiosII によるマルチプロセッサ実装のデモ」
    豊田高専 仲野研究室

  • 「UMLテストプロファイルによるモデル検証」
    日本テレロジック株式会社

  • 「モデルレベル自動テスト生成・実行、カバレッジ解析、静的解析」
    富士設備工業株式会社

  • 「PowerMedusa」・「ColorDial」・「オペレーションシステム開発環境 OpSプラットフォーム」
    三菱電機マイコン機器ソフトウエア株式会社

    DAシンポジウムのポスターセッションが同じ時間帯に開催されます。
18:30〜20:30SWEST/DAS合同懇親会
20:30〜22:30分科会1(概要はこちら
セッションS1-4-1 「組み込み百物語」
〜ワーストプラクティスに見る、組み込みシステム開発の重要課題〜

コーディネータ: 木元 峰之(クレセントフューチャー)
セッションS1-4-2 「SWEST しゃべり場」
コーディネータ: 穴田 啓樹(CATS)
セッションS1-4-3 「子供向けコンピュータ教育の教材作成」
コーディネータ: 小川 清(名古屋市工研)
セッションS1-4-4 「設計生産性危機はどこへ行った?」
コーディネータ: 冨山 宏之(名古屋大学)
セッションS1-4-5 「サーベイヤ計画 hamana-2最終調整作業公開」
コーディネータ: 岸田 昌巳(フルノシステムズ)
8/26(金)
6:30〜7:30 サーベイヤ計画 hamana-2打上げ(7:30打上予定)
8:50〜10:30 チュートリアル1(概要はこちら
セッションS2-1-1 「組込みソフトウェアの信頼性を向上させる方法」
講師:二上 貴夫(SESSAME/東陽テクニカ)
セッションS2-1-2 「プロジェクトリスクマネジメント」
講師:好川 哲人(好川技術士事務所)
DAシンポジウム セッション3-1-1「高位合成と協調設計」
★ 内容はこちらを参照して下さい。
DAシンポジウム セッション3-2-1「レイアウト2」
★ 内容はこちらを参照して下さい。
10:40〜12:10 DAシンポジウム 特別講演・プロジェクトアップデート
セッションS2-2プロジェクトアップデート
★組込みシステムに関連する諸々の活動に関する最近の動向を、それぞれの活動の関係者に紹介いただきます。
DAシンポジウム
特別講演
「コンパイラインフラストラクチャCOINSにおけるリターゲッタブルコード生成系」
中田 育男(法政大学)/渡辺 坦(電通大)
DAシンポジウム セッション3-2-2「低消費電力」
★ 内容はこちらを参照して下さい。
12:10〜13:20昼食
13:20〜15:00 チュートリアル2(概要はこちら
セッションS2-3-1 「モデル検査ツールSpinによる組み込みソフトウェアの検証」
講師:青木 利晃(北陸先端科学技術大学院大学)
セッションS2-3-2 「マルチコアプロセッサを用いた組み込み向け並列処理」
講師: 酒井 淳嗣(NECシリコンシステム研究所)
セッションS2-3-3 「行列のできる組み込みセミナー&ディスカッション
〜最強のエンジニア&コンサルタント軍団〜セミナー編」

コーディネーター:橋本 隆成(SONY)
講師:
   楠部 集(横河ディジタルコンピュータ)
   佐藤 啓太(デンソー)
   杉浦 英樹(富士ゼロックス)
   西 康晴(電気通信大学)
セッションS2-3-4 「Hamana-2 成果発表会」
コーディネータ: 岸田 昌巳(フルノシステムズ)
発表者:
   Hamana-2打上げチーム
※本セッションはチュートリアルではありません。
15:10〜16:50分科会2(概要はこちら
セッションS2-4-1 「組込みSW-Cを256倍使うためには」
コーディネータ:
       佐藤 洋介(デンソー)
       山崎 進(福岡知的クラスター研究所)
セッションS2-4-2 「マルチコア上の組込みシステム開発を考える(仮題)」
コーディネータ:
       冨山 宏之(名古屋大学)
       高野 裕之(東芝セミコンダクター社)
セッションS2-4-3 「あなたは満足?今のデバッグ方法」
コーディネータ: 武井 千春(横河ディジタルコンピュータ)
セッションS2-4-4 「行列のできる組み込みセミナー&ディスカッション
〜最強のエンジニア&コンサルタント軍団〜パネル編」

コーディネーター:杉浦 英樹(富士ゼロックス)
パネラ:
   工藤 浩志(IBM)
   楠部 集(横河ディジタルコンピュータ)
   佐藤 啓太(デンソー)
   西 康晴(電気通信大学)
   橋本 隆成(SONY)
17:00-17:30クロージングセッション
  • ベストポスター賞の発表・表彰
  • 各分科会セッションの概要報告
  • 総評
  • ※DAシンポジウムのプログラムは下記のウェブサイトにあります。

    http://www.ipsj.or.jp/sig/sldm/


    【参加者募集】

    SWEST7に参加し、議論に積極的に加わって下さる参加者を募集します。参加者 の募集要項は次の通りです。

    a) SWEST7への参加を希望される方は、7月25日(月)7月27日(水)までに以下の URL から申込みをお願いします。(定員になり次第締切ます)

    ↓↓↓↓↓ 参加登録はこちらから ↓↓↓↓↓
    http://www.ertl.jp/SWEST/SWEST7/regist/

    b)

    SWESTでは、原則として全ての参加者にポジションペーパーの提出をお願いしています。 組込みシステム開発に関するご自分の意見をA4 1ページにまとめ、 7月25日(月)7月29日(金)までに、以下の URLからアップロードしてください。アップロードに必要な受付番号(SWEST7-REG-????)は参加申込時に発行されます。

    http://www.ertl.jp/SWEST/SWEST7/regist/paper.html

    ポジションペーパーの体裁は指定しませんが、実行委員会で編集可能な状態としてください(推奨はMS-Wordです)。これは、ポジションペーパー集に掲載する場合に体裁を変更する場合があるためです。内容は一切変更いたしません。

    ポジションペーパーは、"Give & Take" の精神に則り全ての参加者にワー クショップに貢献していただくという趣旨で、提出をお願いしています。 ただし、招待講演とチュートリアルの講師、ポスター発表の講演者(第一 発表者のみ。共著者を除く)、学部学生は、ポジションペーパーの提出を 免除します(もちろん、書いて頂くのは歓迎です)。

    ポジションペーパーの実サンプルを下記の場所に掲示してあります。執筆 の参考にしていただければ幸いです。

    http://www.ertl.jp/SWEST/Sample/PP/

    提出頂いたポジションペーパーは、次のような目的に使わせて頂きます。 あらかじめ、ご了承ください。

    • ポジションペーパー集を作成し、SWESTの参加者に配布します (SWEST参加者とSWEST運営関係者以外には配布しません)。
    • 分科会において、ポジションペーパーの内容の発表をお願いすることがあります。
      ※ 各分科会のテーマに類する問題をお持ちであるなら、是非ポジションペーパにしたためてください。解決のお手伝いができるかもしれません。

    【SWEST-DISCUSSへのお誘い】

    SWESTでは討論用メイリングリストswest-discuss@ertl.jp を設置しております。これは、ワークショップでの議論を更に深めること、 もしくは、次のワークショップに向けて事前に議論を行い、 当日の議論をスムーズに進めることを目的としています。SWEST参加の皆さんには、 このメーリングリストに登録されることをお勧めします。


    【プロジェクトアップデート参加募集】

    組込みシステムに関連する様々な活動の最新動向を紹介するセッションで、活動 紹介を希望されるプロジェクトを募集します。紹介を希望されるプロジェクトは、 7/19(火)までにswest7-org@ertl.jp までお申し込み下さい。実行委員会で選考の上、詳細をご連絡します。なお、発表していただく場合は、その内容を紹介する 文書を提出していただきます。

    【デモンストレーション募集】

    SWEST7の会場にて、組込みシステムに関連する製品のデモンストレーションを行って頂ける方を募集します。会場の関係から、機材は最小限(ノートパソコン1台+α程度)でお願いします。デモンストレーション希望者は7月19日(火)までにswest7-org@ertl.jpまでお申し込み下さい。

    製品のデモンストレーションを行われる企業の方には、1口5万円の協賛金をお願いしています。協賛金は必須ではありませんが、ワークショップ運営を支援する意味で、ご協力いただけると幸いです。詳しくは、協賛会社募集の項を 参照ください。

    また、予稿集に掲載しますので、デモンストレーションの紹介文を A4 2ページ以内で作成し、7月19日(火) までに、swest7-org@ertl.jp宛てにお送り下さい。体裁は指定しませんが、体裁を整える場合がありますので、実行委員会で編集可能な状態としてください(推奨はMS-Wordです)。


    【協賛会社募集】

    SWEST実行委員会では、組込みシステムの分野で活躍されている企業などに、下記の要領でSWEST7への協賛をお願いしています。

    協賛金:
    一口5万円
    協賛のメリット:
    • ワークショップの予稿集などに、貴社名を掲載します
      (7月19日までにお申し込みいただけた場合)。
    • 予稿集に広告を掲載できます。(二口以上協賛いただいた場合)
    • 貴社の社員が参加される場合の参加費を、会員価格とします。
    • ワークショップでデモンストレーションを行われる場合に、可能な便宜を提供します。

    いただいた協賛金は、サマースクール(SSEST)運営補助、学生の参加費補助、ワークショップの内容を充実させるために活用させていただきま す。組込みシステム業界全体の発展を援助するという気持ちでご協賛いただければ幸いです。ご協賛いただける場合には、swest7-org@ertl.jp 宛にその旨をお知らせください。折り返しご連絡差し上げます。


    【著作権の取扱い】

    予稿集/ポジションペーパー集の原稿の著作権は、その著者あるいは著者の所属機関に帰属し、SWEST実行委員会には委譲されません。提出いただいた原稿は、参加者に配布するための予稿集/ポジションペーパー集を作成するために のみ使用し、他の目的には一切使用しません。

    発表論文やポジションペーパーなどを、実行委員会で編集可能な状態で提出していただくようお願いしているのは、印刷の都合上、SWEST実行委員会において、原稿のレイアウトを修正する場合があるためです。その際に内容を編集することはありません。


    【スケジュール】

    6/30(木)
    サマースクール参加申込締切
    7/19(火)
    ポスター発表カメラレディ原稿提出締切
    デモンストレーション申込締切&紹介文提出締切
    プロジェクトアップデート参加申込締切

    7/25(月)
    SWEST7参加申込締切
    ポジションペーパー締切

    8/22(月)〜8/24(水)
    サマースクール(SSEST1)
    8/25(木)〜8/26(金)
    SWEST7

    【SWEST7実行委員会 (◎は委員長)】

    ステアリング委員会(五十音順):
     川口 晃(ガイアシステムソリューション)
     岸田 昌巳(フルノシステムズ)
     宿口 雅弘(三菱電機マイコン機器ソフトウエア)
     菅谷 みどり(早稲田大学)
    ◎高田 広章(名古屋大学)
     高野 裕之(東芝セミコンダクター社)

    運営委員会(五十音順):
     穴田 啓樹(CATS)
     今井 和彦(宮城県産業技術総合センター)
     小川 清(名古屋市工研)
     岸田 昌巳(フルノシステムズ)
    ◎宿口 雅弘(三菱電機マイコン機器ソフトウエア)
     野田 厚志(九州大学)
     久住 憲嗣(科学技術振興機構)
     藤懸 英昭(システム・ジェイディー)
     本田 晋也(NECCESS/名古屋大学)

    プログラム委員会(五十音順):
     青木 利晃(北陸先端大)
     片山 徹郎(宮崎大学)
     石山 康介(NEC通信システム)
     王 才棟(沖電気工業/ハルピン工業大学)
     奥村 洋(ガイアシステムソリューション)
    ◎川口 晃(ガイアシステムソリューション)
     追川 修一(筑波大学)
     北須賀 輝明(九州大学)
     佐藤 洋介(デンソー)
     武井 千春(横河デジタルコンピュータ)
     冨山 宏之(名古屋大学)
     仲野 巧(豊田工業高等専門学校)
     中島 達夫(早稲田大学)
     南角 茂樹(三菱電機)
     西 康晴(電気通信大学)
     山崎 進(ふくおかアイスト)
     渡辺 晴美(東海大学)

    SWEST7事務局:
      NPO法人 TOPPERSプロジェクト
      〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町1-8-12 東実年金会館8F
              社団法人日本システムハウス協会内
      TEL&FAX: (03)3865-5616

    [追記:SWESTとは、?]

    組込みシステムは、日本が競争力を持つと言われる産業分野の多くで、基盤的 な技術となっています。大学において組込みシステム(とりわけ、組込みソフ トウェア)に関する研究に取り組んでいる例は増えつつありますが、産業界か らの要求に十分に応えているとは言えません。さらに、企業間での技術交流も 進んでいないのが現状です。

    このような現状を打開する一つのステップとして、主として、組込みシステム に関連する研究を行っている大学の研究者や学生と、企業の技術者を集め、組 込みシステム技術の進むべき方向性について議論することを目的とした「組込 みシステム技術に関するサマーワークショップ(SWEST)」を開催しています。

    組込みシステムの開発現場から離れた環境にいる研究者や学生には、企業の技 術者と交流することで研究の動機を、逆に企業の技術者には、大学における研 究成果を導入するきっかけを提供できればと考えています。

    SWESTの目標を整理すると、次の通りになります。

    • 大学における組込みシステムおよびその要素技術の研究の活性化
    • 企業における大学の研究成果の導入の促進
    • 企業の要求事項を大学側へ伝える場を提供
    • 産学共同の研究活動のきっかけを提供
    • 大学・企業間の人的交流の促進とそれによる創発的活動の場の提供

    おかげさまで、1999年の夏に開催した SWEST1 には約80名、翌年の SWEST2 に は約120名の参加を頂きました。2001年夏の SWEST3 からは、DAシンポジウム と同日開催することとなり、SWEST3 には約160名、SWEST4 、SWEST5 には約140名、SWEST6には過去最高の約170名のご参加をいただき、有意義な議論を行うことができました。

    さらにSWEST7より、上記の目標達成を加速させるためにサマースクールSSEST1 を開校します。SSEST1に関しては下記のウェブサイトをご参照ください。

    http://www.ertl.jp/SSEST/

    また、過去の開催記録が下記のウェブサイトにありますので、ご覧ください。

    http://www.ertl.jp/SWEST/

    また、SWEST 実行委員会では、SWEST の運営にご協力くださる方を常時募集し ています。ご協力いただける方は、 swest7-org@ertl.jpまでご連絡ください。